ミッドナイト短歌

This post is also available in: enEnglish (英語) frFrançais (フランス語)

『ミッドナイト短歌』

印刷本(プリント・オン・デマンド)版が発売されました。

印刷本を買うことができます。

1.Amazonの印刷本は下の表紙画像をクリックするとAmazonのプリント・オン・デマンドのページにジャンプします。

スクリーンショット 2016-06-26 08.46.21

2.三省堂プリントオンデマンドはこちらです。画像をクリックすると検索画面にジャンプします。検索項目「キーワード」に ミッドナイト短歌 をコピーして貼り付けて検索してください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-00-12-03


内容紹介

橘 かほり著

『ミッドナイト短歌』(500円 税込)

 『ミッドナイト短歌―揺らめく卵子―』は、大人向けの短歌と二編の随筆の本です。本の題名の短歌の前に「ミッドナイト」の言葉を付けたのは、名前の通り、真夜中に大人が日常をすっかり忘れ、夜の妄想の言葉の世界に一時遊んでいただけたらという思いを込めました。本の内容は第一章ミッドナイト短歌で、第一節 「とき」は自然の時の流れの中の風景をシュールに自分の目に写ったままに詠んでいます。第二節 「ぞう」は「とき」にも「恋」にも入らない短歌です。第三節 「恋」の内容ですが、妄想の世界ですから、女性の立場だけでなく、男性の立場からも詠んでいます。そして、詠んで頂ければわかりますが、異性間恋愛だけでなく、妄想ですから、もっと広げて同性間恋愛も少数ですが、詠んでいます。このようなミッドナイト短歌はこれで終わり、「第二章 随筆」に続きますが、二編あります。以上の内容の本ですが、余裕のある大人が妄想の言葉の世界で気ままに自由に日常と又違った時間を楽しむことも人生を豊かにしてゆく一つとなるでしょう。狭い世界より広い世界、意識が広がっていった方がいつもの日常が生きやすいものとなるはずです。それこそが大人の成熟した余裕ではないでしょうか。このミッドナイト短歌の世界の中で、時にはスリリングに、時には純粋に、時には狡猾に、時には妖艶に、時にはまだ見ぬ自分に出逢うというように、様々な感情を味わい尽くしてみるのも新鮮な驚きがあることではないでしょうか。真夜中のこの妄想の森への一人旅を終えて、目覚めた翌朝はきっとどこかが変わっているかもしれません。そんな今までにあまりない不思議な魅力的な旅をしてみませんか。今からご案内しましょう。さあ、どうぞ・・・・。


 著者について

名古屋市に生まれる。高校の頃、和歌の世界に目を開かれる。大学の国文科に学び『万葉集』の自然詠に関心を抱く。後、『古今和歌集』の時代の和歌へと関心が移行してゆく。ある時、短歌を詠み始めたが、数年で終わる。しかし、再び、昨年末から詠み始めたが、師もなく、グループにも属していない。


目次

  目 次
前書き

第一章 ミッドナイト短歌

第一節 とき
第二節 ぞう
第三節 恋

第二章随筆

後書き


試し読み

『ミッドナイト短歌』をプレビューでお楽しみください。

ミッドナイト短歌

このプレビューはBiB/i(EPUB READER on your Website)を使わせて頂いています。松嶋智さん、ありがとうございます。

電子書籍による出版 

下のアイコンをクリックすると、クリックしたリーダーのサイトにジャンプします。

ReaderStore BookLive ブックパス
紀伊國屋書店 ひかりTVブック YAHOO!ブックストア
dブック galapagos store AMAZON
Google play iBooks  Rakuten kobo