かなざわ東西主北

This post is also available in: enEnglish (英語) frFrançais (フランス語)

『かなざわ東西主北』は第5回 泉鏡花記念金沢戯曲大賞に応募して落選した作品です。著者としては自信を持って書いた戯曲です。そのまま埋もれさせてしまうのは忍びないので、ここに電子書籍として出版することにしました。落選作品は従来は落選者の泣き寝入りで終わっていたようですが、万が一でも「未発表の」作品の内容が横流しされるリスクを避けるために、ここに出版するものです。

印刷本プリント・オン・デマンドが発売されました。

1.Amazonの印刷本はここで買うことができます。プリント・オン・デマンドをご注文のお客様は下の表紙画像をクリックして下さい。Amazonのページにジャンプします。

かなざわ東西主北 中田平著

cover

2.三省堂プリントオンデマンドはこちらです。画像をクリックすると検索画面にジャンプします。検索項目「キーワード」に かなざわ東西主北 をコピーして貼り付けて検索してください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-12-11-12-24


梗概

室生犀子さいこは金沢の西茶屋の水琴楼の娘で女優である。自分が見つけた新人女優の吉宮令佳と共に新作の『細川ガラシャ』の稽古に励んでいる。令佳れいかは悩みごとがあるために演技に迷いがある。稽古を見ていた戯曲の原作者のフォークロア学教授のいずみかがみは、演技術を伝授することで令佳の悩みを救おうとする。令佳の悩みの原因は引きこもりの弟のが新興宗教に入信したことであった。実は圭は新興宗教「心の友」から相次いで亡くなった両親の遺産「風茶楼ふうちゃろう」の寄付を迫られているのであった。東京の検事職を辞めて最近金沢で弁護士を始めた徳田秋子は犀子と鏡の共通の友人である。鏡の親戚である多美が女将を務める主計町かずえまちの鍋の「太郎」で久しぶりに三人が再会した会食会で秋子が令佳の相談に乗ることが決まる。金沢を拠点に北陸方面に信者拡大を図る宗教法人「心の友」が、偶然にも水琴楼で慰労会を開くことになった。それを母の女将から聞いた犀子は、一計を案じて、秋子と令佳を芸妓に仕立てて客を迎えた。宴会客との話の中で西茶屋出身の夭折の天才小説家島田清次郎が水琴楼の女将の母と泉鏡の祖母菊乃きくのの幼友達だったことがわかる。回想の中、自称天才の島清は同世代の芸者菊乃と水琴楼の先代の女将から散々にたしなめられる。宴会は女将の三味線で犀子、秋子、令佳の唄と踊りで華やかに盛り上がった。料理は楓茶楼の元板長の高橋が圭と鏡を従えて作った極上の加賀料理だった。もともと料理を作ることが好きだった圭はすっかり料理の魅力に目覚め、宗教団体から脱退して調理士を目指し、姉と共に楓茶楼の再建を決意する。圭が高橋の下で板前見習い、令佳が女将見習いと、水琴楼は楓茶楼の再建を目指す兄弟の修業の場となることになった。すっかり迷いが晴れた令佳を従え、犀子は見事に『細川ガラシャ』を演じきり、歌劇座の客から大喝采を浴びる。客の中には鏡、多美、秋子、圭、高橋がいたことは言うまでもない。

試し読み

『かなざわ東西主北』をプレビューでお楽しみください。

かなざわ東西主北
このプレビューはBiB/i(EPUB READER on your Website)を使わせて頂いています。松嶋智さん、ありがとうございます。


電子書籍による出版 

下のアイコンをクリックすると、クリックしたリーダーのサイトにジャンプします。(順次リンクを張りますのでお待ち下さい。現在、amazon、iBooks、Google Playで発売しています。)

ReaderStore BookLive ブックパス
紀伊國屋書店 ひかりTVブック YAHOO!ブックストア
dブック galapagos store AMAZON
Google play iBooks  Rakuten kobo